詰合せギフト

勇武津物語

北海道苫小牧市の東部に広がる勇払原野は、野鳥の中継地としても知られる「ウトナイ湖」を有し、複数の河川を含む雄大な湿原・湿地です。この地に今から約180年前、「八王子千人隊」と呼ばれた同心子弟が警備・開墾のためにやってきました。しかし、気候・風土は予想以上に厳しく、開墾は非常に困難を極めました。人々は幾多の困難に立ち向かい、大自然と戦いながら開拓を推し進めていきました。そして現在この地には、三星にとって象徴である「ハスカップ」が唯一自生しています。北海道開拓と三星の菓子作りの原点とも言える、勇武津平野。この地には北に生きる人々の情熱と三星のお菓子作りに対する情熱があふれています。この詰合せ折には、技術陣が真心こめてお作りした自慢の銘菓を幾層にも重ねて詰合せいたしました。勇武津(勇払)平野の開拓の歴史を上蓋裏に綴った、ブックタイプの化粧箱が特徴です。
※写真は詰め合わせの一例です。内容は季節により変わります。

販売価格:

(税込)