MITSUBOSHI

MITSUBOSHI

ハスカップのお菓子 みつぼし

三星BLOG

苫小牧で大人気【三星のパンを食べ比べ】おすすめランキングも!

misuzu

こんにちは。ハスカップのお菓子三星(みつぼし)のBlog編集部、特派員のみーちゃんです。三星といえば、ハスカップ、そしてハスカップを使ったお菓子「よいとまけ」とともにご存知になった方も多いと思いますが、実は「パンの三星」として地元の方々に愛されるパン屋であるという側面も持っています。今回は、三星のパンの魅力について、探ってみましょう。

●パンの三星として

現在三星では、本店を含め、苫小牧市内10店舗と登別市の1店舗で焼きたてパンを買うことができます。
本店やウトナイ店など、喫茶コーナーやイートインコーナーが充実している店舗もあり、まさに焼き立てのパンをその場で食べることができるのです。

本店や、苫小牧駅前店、苫小牧中央店などでは、開店時間が朝8:00〜となっており、会社へ出勤前のひと時に、焼きたてパンを食べていくことも可能です。
焼きたてパンをお楽しみいただけるお店は(苫小牧市内)本店、三条通店、中央店、駅前店、春日店、見山店、新開店、沼ノ端店、ウトナイ店、コープパセオ川沿店、(登別市)登別若草店です。

>>詳しくは店舗情報をご覧ください。

●食べてみた!実際はどうなの?「グランシェフブレッド」。
その他気になるパンがてんこ盛り

三星のパンの中で、唯一オンラインショップで購入することのできるパンが、この「グランシェフブレッド」です。

生地に卵を加えてしっとりとやわらかく焼き上げ、バターをたっぷりと絞って溶け込ませた、風味豊かなブレッド(商品説明より)

と表されるように、ふわふわ・もちもちの食感がたまらない逸品です。
実際に焼き立てをいただきますと、バターの風味が口いっぱいに広がってとても風味がいいなと感じる一方で、味はくどくなく、いくらでも食べられそうなあっさり感で、ジャムに合わせても良いというもの納得です。
主役にもなるけれど、何に合わせても相性のいい「脇役にもなれるパン」なので、ちょっと贅沢したい時などにジャム等と合わせていただくには、もってこいのパンです。

他のパンにも目を向けてみましょう。
三星では、苫小牧の高校生の企画を商品化した「ハスカップシナモンロール」や、苫小牧市内の小学生が図画コンクールで考えた作品「ぶどうパン」を、実際に商品化して販売しています。
見た目や企画も楽しめるパンで、1度に2度美味しいパンとなっています。

ハスカップシナモンロールは、シナモンロールにハスカップがベストマッチしており、甘さもくどすぎない仕上がり。熱いコーヒーと一緒にいただきたい一品です。

ぶどうパンは、チョコチップ生地を使って見た目を再現した形で販売されていました。

その他にも「もっちりお米パン」などが販売されています。
こちらは米粉を使ったパンになります。
白くふんわりと焼き上げられたパンは、とってもふわふわで弾力があり、味はお米の味を生かして、ほんのり甘みのあるパンです。

また苫小牧ならでは、ということで「ほっきカレードーナツ」なども販売されています。
頬張ると、ホッキカレーの風味そのまま、ホッキ貝の甘みとカレーの辛さのベストマッチが飛び込んでくるわけですが、カレーを包むドーナツ生地もまたとっても相性がバッチリで、ついついリピートしたくなるパンです。

●おすすめランキング

では、実際特派員みーちゃんが実食した中での、おすすめランキングをここに発表いたします!

1位「パリっ子」

これは、現在の三星本店の人気No.1でもあります。
一言で言い表すと、「バターが薫る、フランスパン」です。

たしかに、バターを包んで焼き上げているのでそれもそのはずなんですが、三星のパンはバターの香りがとてもするパンが多くて、香りに刺激されて「パンを食べている!」という実感がとても湧く、そんなパンが多いです。
中でもパリっ子は、外はカリッとなのに、中はふわっともちっとしており、塩味が絶妙なこともあって、やみつきになる味です。冷めるとちょっと硬くなってしまいますが、冷めても塩味が美味しいですし、温めて食べるとバターの香りがまた強くなり、ふわふわの食感が楽しめるのが、なんともたまりません。

2位「スイートポテトブレッド」

実際今売れ筋なのが、この「スイートポテトブレッド」です。バターロールの記事に、スイートポテトの餡を包み、角切りさつまいもをのせて焼き上げています。
さつまいもとパンの組み合わせはよく見かけますが、スイートポテトとさつまいもの味が「甘すぎることなく、くどすぎることなく」のよい塩梅です。甘いものが得意でない人でも、召し上がっていただけるのではないかな、という程よい甘さが特徴です。
中に入っているスイートポテトやさつまいもも大きすぎないので、喉に詰まらせることもなく、口の中でもさもさしすぎることもなく、食べられます。
「お芋のパンだと炭水化物が多くて、少し食べるには多いかな」と思われるかもしれませんが(私も最初はそうだったのですが)
案外すんなり完食してしまって、とっても食べやすいパンでした。
さつまいもということで、秋にもぴったりのオススメのパンです。

3位「ビスクドール」

「ビスクドール」は「ブリオッシュ生地(卵とバターの比率の多いケーキに近いパン生地)にビスケット生地をかぶせてふんわりと焼き上げたパン」なのです。ビスケット生地がのっているということでいえば、メロンパンにも近いでしょうか。けれど、食感はケーキというのでもなく、メロンパンよりはかたくもなく、柔らかすぎずかたすぎず、というところです。味もほんのりとした甘さで甘すぎず、少しずつちぎって食べていると、いつの間にかなくなってしまうような、やみつきさがあります。

以上、特派員みーちゃんの三星のパン、おすすめランキングでした!

しかし、このランキングは、あくまで私の独断と偏見によるもの。
「それって、味の好みもあるでしょう…」と思った方もいらっしゃると思います。
それでは、どうやってまだ食べたこともないパンを選んだらよいかしら…と思われた方、ご安心ください!
三星では、毎月「おすすめパン情報」も発信しています。
おすすめパン情報は、店頭及び、三星本サイトの「お知らせ」からも確認できます。

>>>2017年9月のおすすめパン情報はこちら。

おすすめパン情報をもとに、おすすめパンをいくつか実食してみました。

「美瑛みるくパン」
美瑛産の牛乳で仕込んだ風味豊かなパン。小麦粉やバターなど他の減量も北海道産のものにこだわって作られています。
食感はふわふわとしていて、味は塩味も付いていない無味なのですが、ほんのりとかおる牛乳の香りと味が、甘みを引き出しているようです。

左側の白っぽいのが美瑛みるくパン。右側の生地に練り込まれたバジルが点々と見えるのがバジルトマトフランスです。

「バジルトマトフランス」

フランスパンの生地には、刻んだバジルが練り込まれていて、パンにかじりつく時のバジルの香りがとてもよい一品です。中にはハーブ入りチーズ、ドライトマト、ベーコンが包まれています。バジルとトマトという、とても相性のいい組み合わせに加えて、ピリッと効いたコショウの風味が味をより引き立てるパンです。

この他にも各店舗、様々な種類のパンが所狭しと並べられています。
おすすめパン情報をチェックすることによって、ますますパン選びが楽しくなること、うけあいです。

そして、焼き立てパンは焼き上がり時間との兼ね合いもあるもの。
店舗や、時間によって出会えるパンは違ってきます。
まさに、パンとの「一期一会」を楽しんで、三星のパンを頬張ってみてはいかがでしょうか。
(欲しいパンが店頭に並んでいない場合は、スタッフの方に焼き上がり時間を尋ねていただくこともできます)