MITSUBOSHI

MITSUBOSHI

ハスカップのお菓子 みつぼし

三星BLOG

【男子必見】ホワイトデーのお返しに役立つ!北海道ラングドシャ食べ比べ

こんにちは、三星ハスカップスイーツ男子です。今年もついに「ホワイトデー」のシーズンがやってきました。バレンタインデーに義理チョコから本命チョコまで受け取った男子のみなさま、ホワイトデーのお返しはもうお決まりですか。本日は男子も必見、ホワイトデーのお返しにぴったりのギフト「ラングドシャ」を特集します。

北海道土産でおいしいラングドシャといえば石屋製菓さんの「白い恋人」があまりにも有名ですね。しかし、今回は、白い恋人だけじゃない人気のラングドシャ情報をあれこれとお届けします。

そもそもラング・ド・シャとは?

ところで、みなさまは「ラングドシャ」とは何かご存知でしょうか。
ラング・ド・シャはフランス語のlangue de chatのことで、猫の舌という意味があります。細長い独特の形(猫の舌のような形)をしたクッキー(あるいはビスケット)のことです。卵黄を使わずに、卵白、小麦粉、バター、砂糖を加えて焼いた軽くてサクッとした歯ざわりと、口の中で溶け出す食感のお菓子です。日本では猫の舌ような形以外にも、丸型や正方形、猫の手のような形状のものも出回っています。

北海道で人気のラングドシャをラインナップ

三星スイーツ男子、まずは、北海道で人気の菓子店「石屋製菓さん」「北菓楼さん」「ペイストリースナッフルスさん」のラングドシャを食べくらべてみました。どれもおいしく甲乙つけがたい味です。

2017年三星新商品「ハスカップラングドシャ」

三星ハスカップラングドシャは甘酸っぱくておいしい

北海道でも珍しいハスカップを配したラングドシャは三星ならではの一品。よいとまけより食べやすい!?のも特長のひとつです。8個入り、650円、16個入り1300円で販売されています。

土産菓子の定番「ホワイトチョコ&ラングドシャ」も三星が手掛けると・・・
北海道を代表する銘菓「白い恋人」をはじめとして、ホワイトチョコレートをサンドしたラングドシャは土産菓子としてはもっともポピュラーなジャンルです。
それを三星が手がけるとなると、やっぱりハスカップは外せません。
ハスカップを溶け込ませた甘酸っぱいホワイトチョコレートを、口どけの良いサクサクの生地でやさしくサンドしました。

三星ホームページより クリックすると通販ページが開きます)。

ハスカップのラングドシャなら、色もきれい! 女の子が喜ぶハスカップのスイーツをギフトにして、女子の心をがっちり掴みましょう。

石屋製菓さんの「白い恋人」

出典 石屋製菓ホームページ

北海道土産の定番であり、ラングドシャの王道ともいわれる「白い恋人」。旅行や出張の土産としてはもちろん、ホワイトデーのお返しにも喜ばれます。なんといっても「白い恋人ですものー!」。

北菓楼さんのチーズラングドシャー「北の夢大地」

出典 北菓楼ホームページ

とてもシンプルなのに、チーズの風味でリッチ、深い味わいを楽しめます。「スイーツは好きだけれど、チョコレートがちょっと苦手」という人にもぴったりのギフトです。

ペイストリースナッフルスさん「ラング・ド・シー」

出典 ペーストリースナッフルス ホームページ

出典 ペイストリースナッフルス ブログ

オムレットで有名な函館発の洋菓子店ペイストリースナッフルさんのラングドシャもユニークです。三星がハスカップのラングドシャで勝負をかけるなら、ペイストリースナッフルスさんは函館らしく、函館特産のいか「函館こがね」や「がごめ昆布」を使ったラングドシャも。おいしいだけではもったいない、話のネタにだってなる一品です。

ちなみに、現在は販売されておりませんが、劇団四季chatsとのコラボで生まれた「猫の手ラングドシャ」も!! かわいらしいですね。肉球のあたりに職人技が光りますね。「かわいらしすぎて食べられなーい!」という声も多かったのだとか。

北海道で選りすぐりのラングドシャを紹介させていただきました。

三星のハスカップラングドシャはホワイトデーのギフトにも人気

ホワイトチョコレートとラングドシャの組合せは、「苦手」という人がほとんど居ない、誰からも好まれるお菓子です。
それに北海道特産の果実「ハスカップ」の甘酸っぱい風味が加えることで、他のラングドシャとの差別化を図りました。これによって北海道土産としての魅力もさらにアップ!
かさばり過ぎないパッケージングと手頃な価格で、万人に好まれるお菓子だから、ちょっとしたお土産にピッタリです!(三星ホームページより クリックすると通販ページが開きます)。

 

義理チョコから本命まで、今年のホワイトデーのお返しは「サクッ」とラングドシャでいかがでしょうか。体にやさしいハーブティーや香り高いフレーバーを添えて「思いやり」もプラスすれば、間違いなくあなたも「モテ期」に突入…するはずです。

みなさま、北海道で人気のラングドシャ特集、お楽しみいただけましたでしょうか。