MITSUBOSHI

MITSUBOSHI

ハスカップのお菓子 みつぼし

三星BLOG

北海道土産ベスト10!スイーツ男子が選ぶ【三星のお菓子】ランキング

こんにちは。北海道苫小牧にある創業1898年(明治31年)の老舗、ハスカップのお菓子「三星(みつぼし」ブログ編集部です。いつもご愛読ありがとうございます。

観光シーズンでもあるので、苫小牧について簡単にご紹介したく思います。苫小牧は札幌から車で約1時間20分のところにあり、札幌市に最も近い太平洋岸の港町です。新千歳空港にも近くて便利。さらには名古屋や仙台など本州と北海道をつなぐ苫小牧フェリーも行き来しており、陸・海・空に強い町でもあります。

苫小牧観光で有名なのは「ウトナイ湖」。目の前で白鳥が見られるため都会からの観光でいらしたお客様が目を輝かせて喜ばれます。また、恋愛成就のパワースポット樽前神社のある「樽前山」も人気です。ゴールデンウィークには登山やトレッキングを楽しむ家族連れで賑わいます。

観光旅行で欠かせないのが「北海道銘菓の土産」です。今回は広報担当でスイーツ男子の僕が、独断と偏見で選んだ、北海道土産に選びたい三星のお菓子勝手にベスト10をお届けします。

第10位はハスカップ独特の風味が生きた本練ゆのみ羊かん

ゆのみ羊かんは、いんげん豆の一種「手亡豆(てぼうまめ)」を煮詰めた餡(あん)に、ハスカップの実を溶け込ませて作ります。甘酸っぱい果実の風味が心地よい、他にはない新しい感覚の羊かんです。

苫小牧市ではハスカップのことを親しみを込めて「ゆのみ」と呼んでいます。ゆのみ羊かんも、多くの方に親しまれたいという思いからつけました。新感覚の羊かん、ぜひ一度お召し上がりください。(弊社ホームページより)

第9位はゆのみのんの 女子の心を鷲づかみ

ゆのみとはアイヌ語でハスカップのことを言います。

北海道特産の果実「ハスカップ」を溶け込ませた、甘酸っぱくてまろやかなクリームを、バターの香り豊かなサクサクのクッキーでサンドしました。

爽やかな酸味とまろやかなコクが調和した、リッチな味わいのお菓子「ゆのみのんの」は、女性に大人気でお土産としても喜ばれています。(弊社ホームページより)

第8位はハスカップの雫 冷やしてもおいしい和スイーツ

ハスカップ本来の風味を楽しめるよう、一滴の水も加えずに作った和風ゼリーです。水で薄めていない分、ハスカップの実を大量に使用しますので、濃厚で鮮烈な酸味が口中に広がる、とても贅沢な逸品です。ハスカップの粒が丸ごと入った「果肉タイプ」と、口どけの良い「果汁タイプ」の2種類があります。(弊社ホームページより引用)

第7位はななかまど 三星を代表するロングセラーバウムクーヘン

僕が子どもの頃から大好きだったお菓子です。祖母は「十勝の粒あん」、母は「ハスカップ」、僕は「チョコレート」が好きでした。母が入れてくれたお茶と家族の笑顔が忘れられなくてベスト10に入れました。

「ななかまど」は苫小牧市の「市の木」に選定されている、市民の暮らしの中で愛されてきた樹木です。7つのかまどに入れても燃えきらないといわれるくらい堅く、秋に熟した赤い実は冬の間も落下せず、野鳥たちの貴重な食料源になっています。

ミニバウムクーヘン「ななかまど」は、手軽に楽しめるお菓子として、多くの方に長く愛されたい!そんな職人の思いからつけられた名前です。

一層一層を丁寧に焼き上げ、「ハスカップ」「粒あん」「チョコレート」こだわりの3つのクリームを優しく手作業でたっぷりと詰め込みます。(弊社ホームページより引用)

第6位はハスカップミスト アーモンドとハスカップの絶妙なハーモニー

北海道特産の果実「ハスカップ」と厳選した材料を使用し、しっとりとした食感に仕上げた上品な焼き菓子です。

口どけの良いクッキー生地に甘酸っぱいハスカップのジャムをのせ、バターをたっぷりと溶け込ませたダマンド(アーモンドプードルで作った風味の良い生地)をかぶせて焼き上げました。バター香るしっとりとしたスポンジと、ハスカップの爽やかな酸味をお楽しみいただけます。(弊社ホームページより引用)

第5位はジュレ・ノルト 品のある贈り物で喜ばれたいときに

品のある美しい紫色のゼリー「ジュレノルド」は、ハスカップが持つ野性味あふれる酸味と独特の風味を存分に楽しめるよう、果汁と果肉を惜しみなく使用し、極限まで濃縮した贅沢な逸品。(弊社ホームページより引用)

第4位はハスカップスイートロール

「よいとまけ」以外で、三星のハスカップを用いたロールケーキを贈りたい人にも選ばれています。この美しい紫色が特長です。

北海道の大地の恵み「ハスカップ」を贅沢にたっぷりと使用した、爽やかな酸味が広がるふんわり・しっとりのロールケーキです。サンドする生クリームは特製のホワイトチョコレートをブレンドしてコクを出し、さらにハスカップ果汁を加えて、ほんのりとした酸味をプラス。

合わせるハスカップソースのインパクトに負けない、ミルキーなクリームに仕上げました。対するハスカップソースは甘さを控えめにし、パンチの効いた酸味が魅力の果肉ソースに仕上げました。このソースとクリームをハスカップ果汁を加えたピンク色の生地に、たっぷりとサンドしました。(弊社ホームページより引用)

第3位は牧場のかたらーなハスカップ

カタラーナとは焼きプリンを凍らせて食べる、濃厚なアイスクリームのようなフローズン・スイーツ。クレーム・ブリュレ、焼プリン、アイスクリームのいいとこ取りしたような、まさに究極のデザートです。

三星の「牧場のかたらーな ハスカップ」は、北海道特産の果実「ハスカップ」を贅沢に使用した甘酸っぱいソースをふんだんにトッピング。ハスカップの爽やかな酸味が濃厚なクリームと調和して、さっぱりとお召し上がりいただけます。(弊社ホームページより引用)

第2位はハスカップジャム 毎朝の習慣にしたいハスカップジャム 実は三星の商標登録です

ハスカップジャムと表示できるのは、じつはこのジャムだけなのです。三星では、酸味が強く扱いが難しいハスカップを、何とかお菓子の原料に取り入れようと、古くから研究を続けて参りました。登録商標のジャムを皮切りに、今では数多くのハスカップ製品を製造・販売しております。

「ハスカップジャム」は独特の風味と深いコクが魅力で、パンにぬってお召し上がりいだたくのはもちろんのこと、プレーンヨーグルトやバニラアイスクリーム、甘味の少ないレアチーズケーキなどに添えても美味しくお召し上がりいただけます。フレーバーとして、ご家庭でいろいろな食べ方を見つけてください。(弊社ホームページより引用)

堂々の第1位はよいとまけ

本気で一晩悩みました。堂々の1位は「よいとまけ」か「ハスカップジャム」か……。男に必要なのは決断力です。ということで「よいとまけ」が一位です。

みなさまの三星ナンバーワンもぜひ、教えてください。