Hotnews & Topics 三星からのお知らせ




承和15年(848年)、国内に疫病が蔓延したことから、仁明天皇が6月16日に菓子や餅を神前に供えて疫病の退散を祈願し、元号を「嘉祥・かじょう」と改めた事にはじまると伝えられています。「嘉祥の祝」は後醍醐天皇の御代から室町時代へと受け継がれてきましたが、江戸時代になると「健康と招福」を願う行事として、この日に菓子を食べる風習が庶民の間にも広がり、欠かせない年中行事となりました。その「嘉祥の祝」を現代に蘇らせたのが「和菓子の日」です。


和菓子の日

串だんご【粒餡・みたらし・ごま】 各1本80円 わらび餅 1パック/230g 420円

三星 製品情報