ハスカップのおいしい食べ方

ヨーグルトに混ぜてみました

なるほど情報

ヨーグルトは腸内で一番数が多い「善玉菌」のビフィズス菌を多く含んでいる食べ物だということは、もうすでにご存知だと思うのですが、食べ方次第で効果は大分違ってくるそうです。
ビフィズス菌はなるべく生きたまま腸まで届けたいものですが、胃酸によって死んでしまうことが多いのです。
食べるタイミングとしては食事のあと、胃酸が薄まった時に150~200gを毎日続けて摂取するのが効果的。 美容と健康のために、ビタミン、ミネラルを豊富に含むハスカップの実をヨーグルトに10粒~20粒くらい混ぜてお召し上がり下さい。

ご家庭で出来る、ハスカップの利用法いろいろ

冷凍のまま食べていただいても美味しいですし、冷凍の状態にヨーグルトをかけていただいても美味しくお召し上がりいただけます。

ハスカップは、水洗いせず、そのままご使用ください。(成分が水に溶け出してしまうからです)
解凍の際に生じるのはハスカップのエキスです。捨てずにご利用ください。

ハスカップジャム 【材料】 ハスカップ:100%  砂糖:80%~150%
【1】 ハスカップに砂糖をまぶし、24時間位自然になじませる。
【2】 24時間後に弱火にかけ、適当な硬さになるまで煮詰める。
【3】 自然の状態で出来るだけ早く冷まし、ビンなどに移す。
ハスカップ酒 【材料】 焼酎:1L  ハスカップ:200~500g  氷砂糖:200~500g
【1】 ビンに、焼酎・氷砂糖・ハスカップの順に入れる。
【2】 静止した状態で、涼しい場所に約2ヵ月放置する。
【3】 目の細かいサラシかフルイでハスカップの実を取り出し、やわらかく絞る。
ハスカップ塩漬け 【材料】 赤しその葉:適量  ハスカップ:500g  塩:100g程度
【1】 しその葉を塩水に漬けるか、塩もみをしてアクを抜く。
【2】 ハスカップ・しそ、と重ね、塩を振る。これを繰り返す。
【3】 ハスカップがつぶれない程度の軽い重石をして、1週間位置く。
ハスカップシロップ 【材料】 ハスカップ:100%  上白糖:80~130%  蜂蜜:30~50%
【1】 ハスカップを絞って果汁を採る。(フキンなどでよく搾り採る)
【2】 果汁に他の配合をいれ、弱火で30分ほど煮詰める。

三星 製品情報